転職いろいろ集めました

UIデザイナーに転職するコツ

UIデザイナーに転職する時は、クリエイター職であるが故に一般職とは異なる点があります。
それは、必ずポートフェリオを用意して提出する事です。
ポートフェリオというのは、自分が手掛けた作品の事で提出することにより感性やスキルを把握して頂くという意味合いがあります。
既にUIデザイナーとして勤務している方が同業他社に転職する場合は理解しているものの、これから初めてUIデザイナーに転職する方は理解していないコツがあります。
それは、ウェブ上で見られるものだけではなく紙媒体に印刷して提出するという事です。
紙媒体というのは、当然ウェブのように動きを付けたり様々なギミックを仕込む事ができません。
色に関してもプリントして表現可能な色味というのは極めて限定的なのでカラーリングの恩恵に助けられるといった事も無いのです。
つまり、ウェブよりも紙の方が実力が明瞭になりやすいと言えるわけです。
こうした点から、まずは自分のデザインを紙面に落とし込んでみるという事からスタートさせてみると良いです。

Webデザイナーに転職するコツ

Webデザイナーとして新たな一歩を歩もうとしている人々にとって必須なのがポートフェリオです。
デザイン業界においては耳馴染みのある言葉ですが、これまでクリエイティブな環境に身を置いてこなかった方々にとってはポートフェリオという言葉自体を初めて聞くという方も多いでしょう。
ポートフェリオがあるだけで、これまでに自分がどういった作品を手掛けてきたのかという事や、どういったお仕事をしてきたのかという事が一目瞭然になるのです。
そのため、作品の良し悪しによって転職活動自体が左右されると考えられる事が多いのですが、全てが作品にかかっているわけではありません。
採用担当者が調べるのは見た目のみならず、スキルや仕事の速さについてなのです。
確かにセンスが求められる分野ではあるものの、芸術性よりも社会人として当然な丁寧さが感じられる物を提出した方が印象が良いです。
転職後一緒に働いていて頼りになるという印象を与えられる物が最善です。

注目サイト

高品質の冊子印刷
https://monokuro-sasshi.jp/

Last update:2016/12/7