転職いろいろ集めました

MRに転職するコツ

MRへの転職を考えているあなた!どんな仕事イメージを描いていますか?
MRの仕事は、医師が医薬品を安全にかつ効果的に使用できるよう、医薬品の情報提供を行い、医師との信頼関係を築き上げ、それを基に自身の販売する医薬品を採用してもらう仕事であるといえます。
このような仕事のため、2つの要素が不可欠であるといえます。
1つ目は「真面目さ」です。
医師に情報提供するにあたって、様々な情報を収集する必要があります。
医師は医学の知識が豊富ですので、思いもよらない所から質問が出ることもあります。
その時に、質問に答えられる者と答えられない者。
あなたはどちらの会社の医薬品を採用しますか?医師のかゆい所に手が届く知識が必須の仕事といえるのです。
そのためには、常に情報を収集する自己研鑽を続けることができる「真面目さ」が必要なのです。
2つ目は「情熱」です。
業界には数多くのライバルがいます。
1人の医師の基に何十人のライバルが訪問することもあります。
その時、医師は何で判断するのでしょうか?情報提供力は勿論ですが、何よりも必要なのは「情熱」です。
情熱のある人とない人どちらと一緒に仕事をしたいかと問われると、多くの人は情熱のある人と答えると思います。
それは医師も同じです。
これら2つの能力を上手くPRするのが、MRへの転職のコツと言えるでしょう。

OAインストラクターに転職するコツ

パソコンやOA機器の使い方についてレクチャーするのがOAインストラクターです。
指導する相手はビジネスマンに限らず主婦や学生などで幅が広く、使用する装置もマウスやキーボードなど様々です。
また、使用するソフトウェアに関しても文書作成ソフトやウェブサイトを作成するためのソフトウェアなど多岐にわたります。
中にはプログラミングを指導するインストラクターやデータベースを取り扱う者も居るため指導者のレベルも幅広いです。
こうした事からわかるように、人に教えるという事は教える側がしっかりと熟知していなければなりません。
そのため、進化が激しい分野だからこそ常に勉強を欠かすことはできないですし、新しい物事に関して興味関心お抱き続ける必要があります。
このような点から転職するためには学ぶことや教える事が好きであるということが大前提になるのです。
また、教師役になるということは資格を所有していなければならないので転職時には勉強時間も確保しておかなければなりません。

recommend

2016/12/7 更新